パチンコ 卓上

パチンコ 卓上

ポンメルンの胸甲騎兵たちはトゥールの北郊外市に入り、ロアール川の橋梁に達しますが、この橋の袂周辺には市民が集合し一部の者は武器を手にしており、遂には騎兵を狙撃する者まで現れるのです

 一旦引き上げた騎兵から事情を聴いたE・ヴォイナ将軍は軽砲第1中隊に命じてロアール河畔に砲列を敷かせ、砲兵は第16連隊F大隊を護衛として群集に榴弾を発射、これを解散させました

あなたも好きかも:熱田 スロット
しかしこの時、前線に出て砲兵の傍らで状況を観察していた第19師団参謀のヴィルヘルム・カール・フリードリヒ・グスタフ・ヨハン・フォン・シェルフ少佐は左腕と背中に銃弾を受け重傷を負い後送されてしまいます

 この時、後方からフォークツ=レッツ将軍の命令が届き、それによれば「敵の強大な縦隊が貴官らの方向に向かっているとの情報があるため、モネに帰還せよ」とのことで、E・ヴォイナ将軍は麾下に一斉後退を命じたのでした

なお、トゥール市街入り口付近での戦闘中、E・ヴォイナ将軍は一部隊を西へ進め、この隊はメットゥレ(トゥールの北北西6.9キロ)付近でル・マンへの鉄道線を破壊しています

トゥール市街口で独軍騎兵に抵抗する市民 フォークツ=レッツ将軍は倍近いと思われる敵の目前でトゥール市街を確保し、同時にロアール川の諸鉄道橋梁を完全に破壊するには現有兵力では不足と断じ、午後1時、麾下をモネとルニー周辺で宿営させ、明けて22日にはオートレッシュ(トゥールの北東27キロ)とエルボー(ブロアの西14キロ)周辺まで引き上げたのです

 しかし、フォークツ=レッツ将軍がブロアやヴァンドーム方面へ後退する根拠とした「強力な仏軍迫る」との諸情報は誤りで、予想(期待?)に反して激しく抵抗する仏軍の姿や、跋扈する義勇兵や武器を手にした住民らの姿に惑わされた斥候情報や、虚実入り交じる伝聞などで実際の数倍に膨れ上がった仏軍の姿に将軍等が右往左往させられた結果で、フォークツ=レッツ将軍等独軍の前に立ち塞がっていたのは、10日前まで実質「仮首都」の存在だったトゥールとその周辺に住む愛国心に燃えた数千名の人々と錬成不足の護国軍新兵約1万だけでした

あなたも好きかも:今泉 パチンコ
 実際、あの「シャトーダンの悲劇」のような犠牲を避けたいと考えたトゥール市長始めとするこの地方の行政幹部たちは独軍進駐もやむなしと考え、E・ヴォイナ将軍に対し「激高して手が付けられなくなった住民等を鎮め秩序を回復するためにも市街を占領して欲しい」と嘆願していたのでした

しかしE・ヴォイナ将軍は先の後退命令が届いたため、トゥール占領を諦めたのです

あなたも好きかも:パチンコ 優良 店 ランキング 東京
 さて、E・ヴォイナ将軍がトゥール占領を目指した21日

レーマン大佐のブロア守備隊にヴァンドームから第10軍団砲兵隊の4個砲兵中隊、そして猟兵第10大隊がやって来て加わります

これは案外強力なトゥール方面(とロアール左岸)の敵がブロア襲撃を企てた場合の備えでしたが、トゥール占領を諦めたフォークツ=レッツ将軍は更に23日、E・ヴォイナ将軍の独第19師団主力をブロア周辺に集合させ、ロアール沿岸からトゥール方面へ強力な偵察隊を輪番で送り始めます

これらの部隊はロアール両岸で度々仏軍斥候に遭遇しますが、特に27日、フリードリヒ・スタニスラウス・アルクサンダー・デュニン・フォン・プルチホフスキー少佐が率いる猟兵第10大隊と竜騎兵第9連隊第1中隊の偵察隊はリリー(=シュル=ロアール

ブロアの南西19.7キロ)で割合大きな敵部隊と遭遇し少時戦闘となりました

敵と離れた後、少佐は南下してシェール川下流域(モントリシャールなど)を捜索しますが、ここ1、2週間に仏大軍が行軍した形跡は全くありませんでした

 23日には、独槍騎兵第4連隊が独騎兵第1旅団に復帰して、ボージョンシー付近まで守備範囲を広げていた独第3軍団と連絡を取り合います

同騎兵旅団はこのクリスマス期間中ブロアの北に展開して仏軍を警戒していました

 同じくブロアの西、エルボー方面には独第40旅団が宿営し、この旅団には竜騎兵第16連隊の第1,4中隊、槍騎兵第8連隊の第3中隊、野戦砲兵第10連隊の重砲第3、軽砲第3中隊そして軍団工兵若干名が派遣され、ロアール河畔からヴァンドームの南方、独第10軍団のヴァンドーム守備隊までの間を警戒していました