ブラックジャック 本間

ブラックジャック 本間

……それで入ってしまったのか? 他の誰が共に入ったのだ?」 養父様が力なくそう問いかける

あなたも好きかも:スロット スパイダーマン
ただの確認だった

そのままヴィルフリートが入ったことは誰にでもわかる

あなたも好きかも:スロット ポセイドン
そうでなければ、「おばあ様から聞いた」という言葉が成り立たない

「私一人です

学友達に、我々には入れません、と言われたのです

他の者では扉が開かなかったのと同じように、他の者には塔に入れないのだとわかったので、私だけで塔に入りました

そうしたら、塔の中には本当におばあ様がいらっしゃって、私に真実を教えてくれたのです」 そう言って、ヴィルフリートがわたしと神官長をキッと睨んだ

それから始まったヴィルフリートの言葉はヴェローニカの代弁だった

「おばあ様があのようなところに閉じ込められ、辛い思いをしているのは、全部ローゼマインとフェルディナンドのせいなのです」 ヴェローニカを弁護し、わたしと神官長を糾弾するヴィルフリートの姿に、堪え切れない痛みを感じたような表情を見せて、養母様がきつく目を瞑る

「父上、お願いします

あなたも好きかも:船堀 パチンコ アルバイト
おばあ様を……」「言うな! その先は言ってはならぬ!」 バン! と大きな音を立てて、養父様がテーブルを叩き、ヴィルフリートの言葉を遮った

突然、そのように言葉を遮られると思っていなかったらしいヴィルフリートは目を丸くして、養父様を見る

「……父上?」「ヴィルフリート、母上の罪を明らかにし、その罪状に見合った裁決を下したのは私だ

ローゼマインでもフェルディナンドでもない

アウブ・エーレンフェストだ」 わたしと神官長が悪い、と祖母の言葉を連ねていたヴィルフリートが、驚いたように目を見張った

まるで、罪を犯して祖母が捕えられたことを知っていても、裁決を下したのが父親だと理解していなかったような顔だ