バカラ 掛け声

バカラ 掛け声

部位が分かれても追っ手は来るが移動速度は大したことがないのでそのまま放置して逃げる……の繰り返しがヴォード遺跡の基本だ

 単一の敵しかいないフィールドでパターンが決まってしまえば、以後の戦闘は単調となる

とはいえ油断は出来ない

ヴォード遺跡の恐ろしさとはその単調さに飽きた頃のミスが重なり、いくら倒しても減らない数の暴力に屈することなのだ

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン魂の軌跡 スロット
油断こそがこの遺跡の最大の敵である

あなたも好きかも:スロット 自作 実機
 その後も探索を続け、マップもある程度は埋まってきた

まだ上に登る階段は見つかっていないが宝箱は二つほど発見した

宝箱というか部屋の中にポツンとした箱があり、その中にアイテムがあったのである

 それは魔力で産み出す物質生成装置であるらしい

ダンジョンのようにランダムではなく固定アイテムだがそれなりに強力なものが入っている

あなたも好きかも:ブック メーカー 始め 方
一定期間が過ぎれば強力なアイテムが復活する

だからこそここには何度もプレイヤーが訪れるし、油断して死亡する者も続出するのである

 なお今回風音が手に入れたのは『紅蓮のマント』と『戦舞いの闘衣』というものだった

不滅のマントがあるので『紅蓮のマント』はとりあえずアイテムボックス行きだが『戦舞いの闘衣』はジンライが装備した

軽く、それなりに防御力があり、身体の動きを補助するそれはジンライの動きをさらに機敏にする

元々ジンライは攻撃を受けないように常に身軽にしていたために、動きやすければそれでよいと身に着けていた装備も大したものではなかった

だが、この『戦舞いの闘衣』はそうしたジンライのような戦士のための防具であるため、非常に着心地が良いようだった

 そしておニューの装備に浮かれて歩くジンライ