スロット エウレカ2 評価

スロット エウレカ2 評価

あなたも好きかも:安田屋 パチンコ 閉店
 もしかすると、それぞれまったく別の場所に転送されたのかもしれず、そうとなればいてもたってもいられなかった

すぐにでもこの場を離れ、セツナとの合流を急ぐべきだった

ほかの連中はともかく、セツナがいなければ、自分は生きていけない

「へえ、そこまで想ってくれていたのか」 聞き慣れた声には、殺気が込められていた

 振り向くと、だれもいなかったはずの空間にひとりの少年が立っていた

もはや少年という年齢ではないものの、彼女の中では、彼はいつまでたっても少年のままだった

あなたも好きかも:朝霞 市 パチンコ
少年という印象を覆すには、彼が積極的にならなければならないし、そのような日が来るとは、想えない

「セツナ?」 ミリュウは、その少年の見慣れた姿に疑問を抱いた

いや、その疑問自体に疑問を抱くという奇妙なことが起こっていた

セツナは、セツナだ

さっきまでと変わらぬ姿で、そこに立っている

漆黒の頭髪に血のように紅い瞳、相変わらずの童顔は戦歴によって凄味を帯び始めている

その不均衡とでもいうべき容貌は、彼女にとってこの上なく魅力的だ

身長はミリュウよりは低いものの、決して低いほうではない

均整の取れた体躯

黒き矛を使いこなすために鍛え上げられた肉体は、いまや並の軍人では太刀打ち出来ないほどのものへと成長していた

ただの高校生の少年だった人物の肉体とは想えない

その上に《獅子の尾》の隊服を纏い、新式鎧・改を装着している