コードギアス cc スロット 中段チェリー

コードギアス cc スロット 中段チェリー

 普仏戦争が勃発すると、大公家でも目立つ軍歴を持つヴィルヘルム公も黙っているわけに行かず、軍の動員・出征準備と国内安撫に尽力した後、Ba陸軍中将として現役復帰すると、満を持して戦場へと出立したのでした

ヴィルヘルム・フォン・バーデン この13日、フォン・バイヤー将軍は痛風の具合が良かったため一時的にBa師団の指揮権を掌握しました

 これは独第14軍団の編成直後にBa師団長となった前・第13師団長、ハインリッヒ・カール・ルートヴィヒ・アドルフ・フォン・グリュマー中将がメッス包囲陣で勤務中、赤痢に罹り入院中だったための処置で、バイヤー中将がストラスブールを去った8月末からこれまでは師団の古参旅団長が代わる代わる指揮を代行していたのです

 同時にヴィルヘルム大公子は同じく病気療養中の男爵カール・ドゥ・ジャリス・フォン・ラ・ロッシ中将の代理としてBa第1旅団の指揮を執り始めました

 独第14軍団はエピナル周辺に集合後、後方連絡線をモセル川に沿って北上させるものに変更して、その北端をナンシー近辺のロートリンゲン総督府管区に接続します

あなたも好きかも:ぱちんこ テクニック
その後、軍団の前進によって連絡線はリュネビルから直接エピナルに向かうルートに変更され、同時に仏軍によって分断されていたエピナルからモセル川沿いにシャルム(エピナルの北北西24.9キロ)を経てブランヴィル=シュル=ロー(リュネビルの南西7.7キロ)でムルト川に至る鉄道線の修復が始まりました

あなたも好きかも:ブラックジャック 脱衣
このシャルムからナンシーに至る電信線も随時開通して、ランベルヴィレへ進んでいた輜重もエピナルに到着し、市内に設けられた糧秣倉庫も周辺から徴発を行ったこともあって次第に満杯となって行きました

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 7テンパイ
 この際に後方連絡線の警備分担も定められ、ロートリンゲン総督府はブランヴィルからエピナルまでの鉄道線警護を引き受け、更に独第14軍団の去ったバカラには総督府からヴュルテンベルク王国(以下W)兵站部隊の歩兵2個大隊と騎兵1個中隊が派遣されました

このW後方部隊は独第14軍団の命令に従うよう訓令され、以降第14軍団の後方部隊と協力して任務を遂行しました

※独第14軍団の後方部隊(10月14日)○10月12日からシャテル=シュル=モセル(エピナルの北16キロ)を拠点に後方諸部落から武器を押収する任務に就いていた部隊・普第30連隊・第9,10中隊・普予備驃騎兵第2連隊・第1,3中隊○兵站部隊の到着までラオン=レタップで後方任務に就いていた部隊・普フュージリア第34連隊・第6,7中隊・普予備驃騎兵第2連隊・第4中隊の1個小隊○輜重援護隊 バカラからランベルヴィエを経てエピナルへ・Ba第6連隊・第1大隊・Ba竜騎兵第3連隊・第1中隊 このようにフォン・ヴェルダー将軍は着々とヴォージュ県北部の支配を固めて行きましたが、ブランヴィルからの鉄道線の破壊は、特にヴィルクール(エピナルの北33.5キロ)の東方、ラングレ(同北北西22.7キロ)、そしてエピナルの北郊外で激しく、軍団が前進後に修理を要するエピナルの南側でも、エルティニー(エピナルの南14.7キロ)付近やアイユヴィエ(=エ=リヨモン

同南南西29.3キロ)で橋梁が落とされ線路が撤去されていました

このため復旧にはかなりの時間と資材を必要としたため、フォン・ヴェルダー将軍は大本営の命令にある「ストラスブールから重砲を搬送してショーモンへの鉄道を阻塞するラングルを砲撃」するのは不可能と断じます

 これによりヴェルダー将軍はベルサイユ在の普大本営に対し「セーヌ上流域に向かう行軍はラングル経由ではなくヌシャトー(エピナルの西北西59.5キロ)を経由しショーモンへ向かうルートで行いたい」と請願するのでした

 トゥール~ヌシャトー~ショーモン~サン=ディジエへと至る鉄道線と街道は、パリ包囲網に至る独軍後方主要連絡線にも近く、ロートリンゲンとランス総督府隷下部隊の後援も期待出来るため、比較的安全に行軍出来る可能性が高かったことによる合理的な判断と言えます