ゴルゴ13 スロット スーパーチャンス

ゴルゴ13 スロット スーパーチャンス

わかったな?」「ふふ、……うん

わかった」 洋一は「よし!」と強く頷くと、「っこらせ」と優樹の体を回し、「ほら」と次に待つ橋田に向けた

 橋田は、濡れた手で涙を拭う優樹に苦笑気味に両腕を伸ばした

「信じてください」 強い言葉と共に頷かれ、優樹は「……うん」となんとか笑みを保ち、背後、胸の下でしっかりと抱き支えてくれている洋一の腕から手を離し、それを彼に伸ばした

あなたも好きかも:二のつく日 スロット 愛知
「……橋田君、……助けて……」「はい」 橋田は笑みを溢して水を押して近寄ると、「失礼します」と一言断って、優樹の脇下から手を差し入れ、緩く抱いて洋一から受け取る

 優樹は彼の首に腕を巻いてしがみつきながら、呼吸を落ち着かせようと深呼吸を繰り返した

あなたも好きかも:タイホー パチンコ 浜松
その気配に、橋田は苦笑した

「まさかこんなことになるなんて、って感じかもしれないですね

でも、こういうゲームも楽しいですね

荷物運びみたいで」 ――その例えはどうかと思うが

 優樹が「……ふふっ」と笑うと、橋田も少し笑った

「……大島さんのことが、とても不思議でした

あなたも好きかも:スロット リング 中段チェリー確率
けど、ようやく理解出来そうです

……ただ、“参考”にはなりそうもないですけど……」 橋田はぎこちない笑みで視線を落としたが、顔を上げると「……よいしょ」と水の中で上手く優樹を回す

「……大島さんは、もう大丈夫そうですね

これだけいい人たちが揃ってるんだから、これでもまだ無理って言ったら罰が当たりますよ」 背後から、脇の下に手を差し入れられ抱き上げてもらいながら優樹は「……うん」と頷いた

「……罰、……当たって、当然、だね……」「いいえ、当然なんてありません

それに、罰が当たりそうになったら、たぶん、大島さんに当たる前に皆さんが壁になってくれます