まどマギ スロット 僕と契約しようよ

まどマギ スロット 僕と契約しようよ

あ、あぁ……? 君が気を失ってる僕の面倒を見てくれたの……? 僕は相川渦波……

よろしく、ノースフィールドさん

いや、君(くん)? ……えっと、北の地って珍しい名前だね

いや、かっこいい名前だとは思うけど」 見知らぬ場所で見知らぬ相手と向かい合っているというのに、全く緊張感のない受け答えだった

あなたも好きかも:バカラ グローリア 名入れ
 ノスフィーの姿を認識できているかどうかわからない反応だ

だが、きちんと初対面の挨拶はできていた

あなたも好きかも:パチンコ 清掃 バイト 埼玉
ぎりぎりのところで

あなたも好きかも:mg電子ゲームのヒント
「変な名前ですか……? 使徒様方から貰った名前なので、えっと……」「ああ、またシスのやつか

あいつ、根はいいやつだけど、ちょっとあれだからな……

ちゃんと文句は言ったほうがいい

あいつのためにもなる」「そんな文句なんて……

わたくしはノースフィールドでも十分です……

十分に嬉しい名前です……」 ノスフィーは僕の様子がおかしいことに気づいていた

怨敵であるシスの名前が出ても平常であるのが、その最たる証だ

 だが、その問題をノスフィーは後回しにする

 この緊張感の欠如した交流を、ノスフィーは長年欲していたのだ

僕と言葉が通じ、朗らかに微笑み合える