スロット 忍び魂暁 やめどき

スロット 忍び魂暁 やめどき

「――あああっ!? ああ……」 加減もできなかったのか、思わず貫いてしまう

 その痛みで反射的にテテュラを離したアイシアは、ウィルクに寄り掛かった

あなたも好きかも:パチンコ 店内清掃
「テテュラちゃん……」「……びっべ(いって)……」 ウィルクはテテュラの覚悟を受け止め、アイシアを抱き抱え、その場を離れる

あなたも好きかも:パチンコ 換金禁止法
 走ってもいないのに景色が進む違和感に、痛みから目を覚ましたアイシアは、周りを見渡す

 そして、「テテュラちゃん……?」 そこには優しく微笑むテテュラの姿があった

(良かった……ありがとう……)「は、離して……離してっ!!」「ごめん、アイシアちゃん

でも、これが彼女の意思だ」 右手に刺さったままのナイフを見た

その痛々しい光景よりも、そこからくる痛みよりも、そうさせることしかできなかった、何もできなかった自分に腹ただしさと切なさがアイシアを襲う

「――テテュラちゃぁぁん!!!!」 その叫び声が届いたか否か、テテュラはその黒い液体に飲み込まれた

 テテュラを包むほどの球体のまま、脈を打つ物体を前に、俺達は構えるほかなかった

「テテュラちゃん……テテュラちゃん!!」 ウィルクの治癒魔法で右手の治療を行いながらも、悔しさに泣いて、名を叫ぶ

 すると、黒い球体はもぞもぞと動き始めると、ボコッと歯茎(はぐき)まで剥き出しの口だけが無数に湧き出てくる

「アハ!」「ヒヒヒ!」「アハァ! アハハ!」 ボコボコと気味が悪いほど出てくるその口は「アハアハ」笑いながら出てきたかと思うと、「死ねシヌ死ねシネシネしね……」「アアッ!? クルシイクルシイクルシイ……」「憎い憎い憎い憎んでニクニクニクイィーッヒヒ……」「殺すコロシテコロサレルコロ殺して……」 その無数の口は怨嗟を叫び狂い始めた

 そのあまりにも酷い光景に、俺達は絶望したように落胆する

「テテュラ……ちゃん」

その場所を山奥と呼ぶのに鬼灯は抵抗がない

だが車道はある上に車で五分もしない距離にマーケットもあるのだから、それほど田舎であるわけではなかった――が、それでも、その場所の周囲にある住宅は実に少ない