古い スロット 台

古い スロット 台

「執(と)りな」「…………」「不思議って顔だな

なに、魔法でもねえよ」「…………?」「相手の握り方、振り方、体の動き、それに伴う力を予測すりゃできる

あなたも好きかも:偽物語 スロット スペック
その運動で生じる急所を見極めれば」「わかりません」 少女は剣を執る

 見切りによる芸当にしては面妖(めんよう)であった

あなたも好きかも:まどマギ スロット 壁紙
 剣を振る

 体から剣に伝わる力の流れ

運動力が高まる最中、力の流れの脆弱な部分を突けば相手の攻撃を最小限の力と動作で無効化できる――という論理だった

 思わず首をひねる

 解説されても、理解の及(およ)ばない達人技だ

 何より

 至近距離の凶器、回避できない状態で冷静に、それも一瞬で可能な判断(みきり)ではない

 規格外と形容せざるを得ない位階(いかい)の技

あなたも好きかも:ブラッド+ スロット
 タガネが鞘を肩に担ぐ

「もう終いか?」「……いきます」 どうしてか

 挑発的な彼の笑みに少女はむっとした

 わずかに胸を熱くするモノが湧く

 苛立ちか、高揚か

 どちらにしても、少女の知らない感情だった

 再びタガネへと肉薄しながら、再度自身に問いかける