ラッキー・ツインズ・キャッチャー

ラッキー・ツインズ・キャッチャー

あなたも好きかも:パチンコ ガロウ 攻略
バーシャも涙目で、ドドンガはずっと首を傾げている

「……マガノなら間違いなく 死ぬはずだった遊牧民四人にも監視をつけるでしょうし これで、もう大丈夫よ……くくく

 あとキャラよ……守りなさいな……くくく……」「……しっ、信じていいんでゲスな……?」「くく……迷ってる時間が惜しいわ

旅を続けましょう ……くくく」俺は半信半疑だが、他に選択肢はない

とにかく西を目指すしかない

あなたも好きかも:パチンコ love 延時
大草原を俺たちは歩き始めた

気絶させた遊牧民たちはドルナジャの言う通り黒い大岩の近くに放置していくがもちろんドドンガは連れていく

あなたも好きかも:オンラインゲーム 収入源
彼女を放っておくことはできない

歩きながら、俺はドドンガにさっきのマガノは神であれは身体の無い、精神的イメージの投影である精神体であると、ゲスゲス言いながら説明する

バーシャは自分が何もできずにとても凹んでいるようで、俺が背負う二つのリュックの上で仰向けに寝転んで、晴れ渡った空を眺めている

「ふぇー世界は難しいことばっかなんすなぁ

 わしは、ようわからんけど 皆さんについて行ける所までついていくだす」ドドンガはシンプルでいいなと思っているとサッと俺のフードからドルナジャが出てきて「くくく……このまま西へと行くと ミーシャ大公が戦士やドラゴンたちを使って 山を削って開けたネーグライクとの大道があるけど 通る?……くくく」「……そんなのがあったんでゲスか」バーシャが荷物の上に寝転んだまま「おばさん、お父しゃ……じゃなくてゲスナルドが 居ない間、いっぱい頑張ってたよ

 兄さんが居たときのように、世界をよくするんだって 会うたびに言ってたよー」「……そっか……なんかほんとに苦労をかけたな……」素に戻って、少し泣けてきた

ドルナジャの導きに従って若干北西寄りに進む方角を修正しながら歩いていると大草原を突っ切るような道が見えてきた

遊牧民たちや、商人たち、それにレッドミラブの布を繋ぎ合わせた民族衣装の人間たち旅の魔族や、さらには首から大きな許可証のような木札を下げた恐らくローレシアン市民の小型の青や赤の翼の無いドラゴンまで忙しなく行き来している

「遊牧民しか居ないと思ってたんでゲスが……」「……くくく、ここからずっと北東まで道が伸びていて 大草原、北東部に開かれた新たな港から マスカブラレルを迂回して、レッドミラブ北部の港まで行くのよ