パチスロ ミリオンゴット

パチスロ ミリオンゴット

そして引き寄せた端から、唇の分厚い口を大きく開けてチュルッと飲み込んでいった

それを繰り返して、彼の腹がパンパンに膨らんだ頃に俺たちはドアが閉まったエレベーターの手前に立っていた

「ああ、動かしたんですね

 中の人型金属は、ナーシーでしょうか?」パラーサーがパンパンの腹を叩きながら言う

「ナーシーの子機よ

あなたも好きかも:スロット 機種 情報
監視と連れてきた民間人の保護のために つけたみたいよ」ドルナジャはそういうとエレベーターの扉をたたいて「入れてよー

素材をいくらか集めて来たわ」中からドロシーが「変な金属の反応があるんだけど!? 何を連れて来たの!?」と少しヒステリックな声で返してくる

「作業員よ作業員

無機生物の流れ人 パラーサーを仲間に入れるわ」「変な生き物がいると安全上扉を開けらんないんだよ! とっとと追放して!」「あんたが出てきなさいな」自動ドアが一瞬開くと、中から猛スピードでドロシーが出てきた

「何こいつ……生き物なの?」謎の全身金属のおっさんをドロシーは訝し気に見つめて、右手を差し出した彼と握手をした瞬間に「あ……そういうことか……じゃあ 作業にかかるよ

あなたも好きかも:スロット 子役カウンター
内部の増設は最後ね

 この階の空気に、人間たちを長時間触れさせるのは危ない」といきなり大人しくなり筒状のエレベーターシャフトの扉の三メートルほど上部に跳躍して右手から射出した緑色のレーザーブレイドのようなもので外壁を一メートル半四方、四角く切り取ってその中へと入っていった

パラーサーも躊躇せずに、切り取られた穴の中へと入っていく

「あの……今のはなんだったんでゲスか?」「パラーサーは元無機生物の流れ人でで、数億ラグヌス(年) 生きている上位神なのよ

 金属生物だから、機械とは相性がいいの

 たぶん、振動信号だか電導信号だかで 瞬時にドロシーちゃんに情報を送ったんだと思うわ」「お、おう……何かいきなり色々と教えてくれて ありがとうでゲス」マガノ以来の四人目の上位神か……しかし、今まで聞いたことすらなかった

「元土神よ