ゴルゴ13 スロット 5号機

ゴルゴ13 スロット 5号機

本当に申し訳ない」 アルビオが天空城の落下阻止をしようとしていたのは、ディーガルの演説でも聞いていたこと

 真剣に、切実に謝るアルビオに偽りはないと、誰もが判断できた

「ですが今、そのエルフの絶滅の作戦を阻止すると同時に、この国で暗躍していた黒幕の一人がやっと姿を見せた」「それがあの化け物……」「はい

あなたも好きかも:パチスロ 戦国乙 西国
アミダエル・ガルシェイルという、昔に名を馳せた生物学者です」 その名に聞き覚えがあるのか、ヨーデルや執事長は驚く

「そ、そんな……馬鹿な」「事実です

そして彼らの主、龍の神子は黒炎の魔術師と一緒に、アミダエルの捕獲に取り組んでいます

罪を明るみにするために……」「で、では……」「はい

あなたも好きかも:マカオ カジノ 数
彼らもまた僕らの味方です」 ホワイト達が味方とわかるとホッとする一同

「ですから皆さん、事の解決は僕らが担います! ですがその先の未来を作っていくのは皆様です! 亜人種だからと、人間だからと差別を行なった結果がこれです

……僕の言いたいことがわかりますよね?」 皆、思うことは似ていた

 もし、手を取り合うことができていたならば、このような事態にはならなかったのではないかと

 人間側は自分達の日常をあらゆる情報が飛び交うせいで、脅かされて疑心暗鬼になり、中にはそれを利用されるかたちで死人も出た