パチンコ グランパ 営業時間

パチンコ グランパ 営業時間

それはライたちの強さ、力を調べる為との事

 ライが聞き返し、キュリテは頷いて更に話を進める

あなたも好きかも:バカラ なぜ 高い
「うん、"テレパシー"の情報だから誤りは無いね

あなたも好きかも:川崎 スロット 楽園
何でも……ハリーフにはまだ味方が居て、その味方にライ君たちの事を伝えるのが目的みたい

あの方に伝えるって考えていたし」「味方?」 ピクリ、ブラックが片眉を動かして聞き返す

 ハリーフが親玉だと思っていた様子のブラックは意外だったようだ

その味方の名前はまだ聞いていないから……今から読むね……」 ハリーフの思考は一部欠けていた

それもその筈

 何故ならキュリテは入った瞬間にハリーフの思考を読んだ為、詳しい事は聞いていないのだ

「もう好きにするが良いさ

あなたも好きかも:バーレー法
味方の名前は別に隠す必要も無い

何故なら君達は名前を聞いたら殺す術とかを持っていないからな

それに、寧《むし》ろ聞いた方が反応が面白い……私が言っても良いが、それならばこの拘束を「読めたよー♪」解い……チッ……交渉決裂かい……」 早口でブラック達に提案をしようとしていたハリーフだが、交渉を成立させる前にキュリテに思考を読まれ、舌打ちをして喋るのを止める

 思考というものは、考えたく無かったとしても対象のワードを言われてしまえば無意識に名乗ってしまうのだ