シンフォギア パチンコ フィーネ

シンフォギア パチンコ フィーネ

君たちの助力が無かったら、どうなっていたことか……」 竜から降りた少年は、人好きのする笑顔で「お役に立てて良かったです」と言った

およそ悪意や邪念といった言葉と結びつかない、天性の人懐っこさがある

あなたも好きかも:パチスロ ハーデス 矢ハズレ
これだけで村長は、彼を信じる気になってしまった

 一方、竜の上に座ったままの少女は、その浮世離れした美貌も相まって、まるで御伽噺に出てくる妖精のようだった

あなたも好きかも:エウレカセブン2 スロット 大阪
話しかけられたくないのか、誰とも目線を合わせず、ただ少年の背中をじっと見つめている

「見返り、というわけではないんですけど、良ければ少し食料を分けていただけますか? それと、水もいただけると嬉しいです」「ああ、是非とも持って行ってくれ……と言いたいところだが、私たちも備蓄は少なくてね

大した量は分けてあげられないんだ」「……一体、何があったんですか?」 村長は顔を顰めた

あなたも好きかも:スロットエヴァンゲリオンart
思い出すのも苦痛だが、どうせパルミラに行けば洗いざらい説明しなければならない

今はそれの予行演習と思うことにした

「……夜魔の大群に襲われたんだ

私の村にも曲りなりに天火はあったんだが、お構いなしだった

こんなこと、今まで一度も無かったのに……」「天火があるのに、襲われたんですか?」「ああ

普通の夜魔から、見たことのない奴まで、目についただけでも色んな種類がいたよ