g1 スロット 朝一

g1 スロット 朝一

 ザパーンッと勢いよくマリアドールは跳ね上がられ、勢い余ってシュワゴンとユニファーニも大ジャンプ

「おおー……」 シュワゴンをけしかけた張本人(ルイス)は、呑気な声をあげて感心する

「あれは戦力になりますね」「――貴女は何をしてるんですか!? お友達でしょ!?」「そうですけど、ご迷惑をかけた分、貢献――」「余計なことはしないで下さいと言ったでしょ!? 人の話、聞いてましたっ!? 僕の心臓、握り潰すつもりですかぁ!?」 ルイスのとんでもない行動に、温和で根暗なヴァートも激しいツッコミを入れるが、本人は屁でもない様子

「ほら、彼女も握り潰すつもりみたいですよ」「へ?」「ヴァートさーん!」 ヘレンがこちらへ突っ込んできた

後ろには複数体のマリアドールを連れて

「飛び越えるんでー! 一緒に跳んでくるマリアドールを狙い撃って下さーい!」「はあっ!?」 ヴァートは慌てた様子で甲板の柵に身を乗り出すと、向かってくるヘレンの後ろから無数のマリアドールが追いかけてきている

 ヴァートはその光景からヘレンの意図を汲み取った

あなたも好きかも:パチンコ 三星
「君達は向こうへ

あなたも好きかも:大阪 パチンコ 営業してる
こちらの者達は詠唱を始めて

ヘレンさんが飛び越えたら撃って」 ヘレンの作戦はウィンドタートルでマリアドールを挑発し、船へと敢えて突っ込み、飛び越えることでマリアドールも一緒にジャンプするのではないかと目論んだのだろう

 いくら船を沈めることが目的でも、ほとんどの生き物は本能的に障害物を避けようと考えるだろう

 ましてやマリアドールは冷静な状態でヘレンを追いかけているわけでは無い

 飛び上がった拍子に目の前に壁があれば飛ぶだろうが……

「くっ――プロテクト・シールド!」 ヴァートは一目散に万が一を考え、その突撃ルートに防御魔法を施し、船を守る