カジノ マナー

カジノ マナー

もっとも当初の目的とは真逆の形での結果になったのだろうが

三人はそんな話をしながら店に戻り、とりあえず明かりをつけてから軽く茶と茶菓子を用意して三人でちゃぶ台を囲む

これから本格的に今回の依頼に関しての話をするのだ

多少の長丁場でも構わないからしっかりと納得できるだけの解答を得たいところだった

「で、師匠は何で今回の件を受けたほうがいいなんて言い出したんですか?康太君に利があると言っていましたよね?そのあたりを教えてくれますか?」話を切り出したのは真理だった

あなたも好きかも:出る パチンコ
兄弟子としては弟弟子が危険な目に合うのは可能な限り避けたいのだろう

心配してくれているという事が非常に嬉しいがそんなことを思うよりも前に小百合の答えを聞くべきだ

あなたも好きかも:パチンコ アンペア
康太が耳を傾けると小百合は小さくため息を吐く

あなたも好きかも:パチスロ 換金率 東京
誤字報告を五件分受けたので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「康太に対するメリットは相手が言った通り、多大な評価と過大な金銭、そして本部内での康太の立場の変化・・・ついでに言うと普通の魔術師なら絶対にできないだろう好待遇での脅威との対峙・・・まぁ他にもいろいろあるが、私が依頼を受けたほうがいいと思った理由は別にある」あの場では康太に利があるなんて言い方をしたがなと言いながら小百合は眉をひそめて茶の入った湯呑を傾ける

評価や金銭、そして康太に対する印象や得られる経験

確かに他の魔術師だったら喉から手が出るほど欲しい状況なのかもしれない

だが康太が望むような結果が得られるかどうかも分からないのだ

それだけこの状況は複雑になっている