とある パチンコ アプリ 評価

とある パチンコ アプリ 評価

「凄いな……"雷《サンダー》"!!」『…………ッ!!』 自分の炎魔術に感心しつつ、バロールに雷魔術を放つフォンセ

 雷魔術は一瞬にしてバロールの身体に到達し、数億ボルトの電流で周りの大地ごとバロールを感電させた

あなたも好きかも:リアル電子ゲーム
 木々や岩はフォンセの炎魔術によって蒸発しているので、バロールが立っていた地面が大きく抉れる程度の被害だ

 それでも大きなクレーターが造り出されたのだが、気にする事は無いだろう

『ウオオオオォォォォォ!!!』「……まだか……タフだな……」 それを受けたバロールは怒り、咆哮のような声を上げて辺りに轟かせる

あなたも好きかも:ミスター・カリビアン
 それを見て聞いたフォンセはバロールの頑丈さに呆れていた

『…………!!』 大地を踏み込み、轟音を上げつつ大きく地面を凹ませて速度を上げるバロール

 そんなバロールは、残った片手でフォンセに向かう

「片手だけでも半径数百メートルは容易く砕くからな……"拘束《リストリクション》"……!!」 そしてフォンセはそんなバロールに拘束魔術を放ち、一瞬にしてバロールの自由を奪う

 少し動くだけで辺りを粉砕してしまう為、リヤンの身を護る為にもフォンセはバロールの動きを止めたのだ

『ウオオオオオオォォォォォォッッッッ!!!』 身体中に土や草が巻き付くバロール

 そんなバロールはもがき、強化されたフォンセの拘束魔術を破壊した

「…………ッ! やはり一筋縄ではいかないか……"谷《ヴァレイ》"!!」『…………!』 拘束魔術を破壊されたフォンセ

 フォンセはバロールの足元に大きな谷を造り出し、バロールを奈落の底へと突き落とした

 土魔術を応用し、強化されたからこそ出来た技である

 その高さはバロールの長身を優に越え、深さ数キロは下らない