お前さんやばいやろ ブラックジャック

お前さんやばいやろ ブラックジャック

 現に大悪魔は無色の魔王を呼び出すほどに迫ったのだ

 ユグラ教としては地球人の身柄を確保したいとさえ思うだろう

「彼は今はこちらの所有物として管理している、ターイズを信用できないというのならばこちらは論争する用意もある

いつでも討論に応じよう」「賢王にそういわれては返す言葉も選ばなくてはな、今の我等に言えるのは彼を見失うことのないようにと釘を刺すくらいだ

それができぬと判断された場合には動くとしよう」「ええ、その頃にはそちらの内部も綺麗に掃除が済んでいることでしょう」 ターイズで二度も人質になったことを揶揄され、内部に魔王の関係者が潜り込んだことを揶揄し返した会話

 ここに大臣とか中間管理職がいたら胃に穴が空きそうだな、本当

 この日は城に留まることを命じられた、紫の魔王への信用がガタ落ちになった以上民家に寝泊りするのは得策ではないとエウパロ法王が指示したからだ

あなたも好きかも:エヴァ7 パチンコ アプリ
 マリトもそれを快諾、内心部下を制御仕切れなかった彼女を信用しなくなったのだろう

あなたも好きかも:中央区 パチンコ
 イリアス達にはエクドイク経由で連絡をしてもらうことになった

 今回の勝負が解決するまではどうやら城暮らしになるようだ

あなたも好きかも:エヴァ 13 パチンコ
 後日、城壁の外にて大悪魔との一騎打ちを行う為に両陣営が揃う

 こちらは一騎打ち担当のヨクス、その応援に来たリリサさん

 あとはエクドイク、ミクス、カラ爺、ラクラ、金の魔王と言ったメンバーだ

 対する紫の魔王陣営は当人とデュヴレオリのみ、他の大悪魔は宿で留守番か影に潜んでいるのだろう

 対面後ヨクスが前に出て剣を抜く

「我が名はメジス聖騎士団団長、ヨクス=シェスフェラード

此度の一騎打ちは私が相手となろう、姑息なる手だろうと私は正面から受けて立つ!」「そう……デュヴレオリ、お願いね?」「――御意に」 デュヴレオリが自らの影に手を伸ばし、そして影の奥にまで腕を潜り込ませる