ff14 アライアンスレイド ルーレット

ff14 アライアンスレイド ルーレット

流石に「ないない」と手を振った

「あいつほど馬鹿じゃなかったよ、流石に

ただ……何だろな、昔はあんな感じで、同じ歳の頃の友達もいたんだよ」 そいつらはどうしたんだ、とは、サイモンも言わなかった

「なぁ、サイモン

あんたはいつからオルファと一緒だったんだ?」「……六歳くらいだったかな

親父が上《・》でヘマをして、一家揃って下《・》に堕とされた

嫁さんと会ったのもその日だよ

あなたも好きかも:カジノ 候補地 決定
確か、俺は大泣きしながらお袋にしがみ付いてたっけな」「目に浮かぶよ」「うるせぇ……まぁ、そっからガキ大将に昇り詰めるまで、一月と待たなかったがな」 なあそうだろ? と、昔馴染みの仲間から言質を取ろうとする

あなたも好きかも:鷺沼 パチンコ ターキー
しかし、素直に首を振ってくれた者はいなかった

あなたも好きかも:パチスロ 機械割 嘘
イスラはそんなやり取りを見ながら、小さく喉を鳴らした

「イスラ、せっかくだから、昔のお前のことも教えてくれよ

話したいってことだけで良いからさ」 そう話を振られると、イスラはぽりぽりと頭を掻いた

大坑窟以来の仲間に聞かれるとなると、いささか気恥ずかしさがある

それに、いくら少人数が相手でも、人前でまとまった話をするのは苦手だった

「話したいこと……話したいこと、か」 手元の小袋から干し葡萄を摘みながら、イスラは少しの間押し黙った

やがて、ぽつりと口を開いた

「親父のこと、まだ話して無かったな」 一座がどよめいた