沢城みゆき パチスロ

沢城みゆき パチスロ

……選んでっ、ちゃんとしたのっ」 焦って袖を引っ張る優樹に、「はいはい」と返事をしつつ苦笑したが、優樹は途中で「……あ」と何か思い出し、元気をなくして俯いてしまった

あなたも好きかも:ブック メーカー 逮捕
以前だったら、もっと会話も弾んで楽しそうだったのに……

そう思って、生美は「ん?」と首を傾げる

あなたも好きかも:パチンコ クライマックス
「どうしたの? あんまり嬉しくなさそうね?」「……、う……、うー……ん……」「何よ? 流と遊ぶのが嫌なの?」「う、ううん

そう、じゃなくて……」「なあに?」「う……ん……」「……、早く言わないと怒るわよ?」 いつまで経っても埒が明かない状況に苛立ち、優樹の目の前にグーにした拳を上げてみせると、優樹はサッと顔色を変えて、目を据わらせる生美を半べそ気味に見上げた

「こ、怖い生美ちゃんーっ」「もっと怖いことをしてあげようか?」 ニヤリと笑われ、「うっ……」と言葉を詰まらせて硬直する

あなたも好きかも:スロット 準備中とは
また蛙になってしまう優樹に、生美は呆れながらも片眉を上げた

「それで? どうしたの? 流と遊びたくないの?」 優樹は戸惑うように目を泳がせていたが、観念したのか、悲しげに俯くと小さく切り出した

「……駄目……な、気がして……」「……は?」「……駄目……なんじゃ、ないかな、って……」 ためらいを含めた呟き声に、生美は顔をしかめた

「何が駄目なの?」「……う、ん……

……流君、と……、……その……、……遊んだり、しちゃ……」 恥ずかしそうに顔を赤くして尚俯かれ、生美は「……はあ?」と意味不明さを露わにした

「今更何言ってるの? 前は楽しそうにしてたじゃない」「……、う、ん……

……うーん……」 自分でもよくわかっていないのか、今度は訝しげに首を傾げだす

 生美は間を置いて深く息を吐いた

「小野寺先輩のことと、何か関係でもあるの?」「……ううん、ない」 少し間はあったが素直に首を振られ、生美は腕を組んだ