パチスロ 12月 新台

パチスロ 12月 新台

 そしてフォンセはふと肩を見た

すると、白い何かがフォンセの視界に映り込んだ

あなたも好きかも:直方 パチンコ
 それはフォンセの骨

衝撃によって骨が飛び出したのだ

(……全身の……骨が……) それだけではなく、フォンセの骨は全て砕けただろう

あなたも好きかも:ソレックス スロットルアジャストスクリュー
 そしてその瞬間、フォンセは急激に意識が遠退いた

 その脳裏には奴隷時代からライたちとの出会い、様々な景色が映り込む

(これは……走馬灯という奴か……

……ふふ……リヤンを助けるどころか……リヤンに助けられ……仕舞いにはリヤン自身を……助けて貰ったこの命を……) フォンセの周りには時間がゆっくりと流れているような錯覚を覚える

 生物が死の淵に立った時、今までの記憶が流れ、周りが遅く感じると謂われているが……フォンセが今この状況になったのだろう

(……全く……かつて世界をしていた魔王の子孫が……とんだお笑いだ……私は弱い

あなたも好きかも:パチンコ 集団接種
ライやリヤンに護られ、リヤンを護れず……私は弱い……) 何度も同じ言葉をリピートし、自分の弱さに失望するフォンセ

 更に意識は遠退き、辺りの景色が黒く染まる