パチンコ台 モンロー

パチンコ台 モンロー

あなたも好きかも:ビンゴ スロット 声優
先程、君は新作絵本と言わなかったか?」「言いましたけれど、それが何か?」「作る前に必ず報告するように

何度もこのように驚かされるのはごめんだ」 作るものは一緒だから、いつ報告しても驚くと思うけど、と心の中で呟きながら、わたしはフランから受け取った紙を神官長に差し出した

「次の絵本はこのシンデレラにする予定なんですけれど、これで作っても大丈夫ですか?」 昨日書いたシンデレラの文章を神官長に見せると、それに目を通した神官長がこめかみを押さえた

「富豪の娘が王子と結婚などできるわけがないだろう? 君は馬鹿か? それとも、貴族間の身分差というものがわかってないのか?」「えーと、じゃあ、どのくらいの貴族だったら、皆が羨ましがる玉の輿で、神官長が許せるお話になるんでしょう?」 バカか、と言われるほど、ひどい話ならば、もうちょっと妥協点を探した方が良いかもしれない

わたしの譲歩に神官長は、顎に手を当ててしばらく考え込む

「……王子の結婚相手ともなれば、上級貴族の中でもよく教育された淑女でなければ、許されぬ

玉の輿などあり得ない

結婚ではなく、愛妾にしなさい

あなたも好きかも:京都 スロット 専門 店
それでも十分に玉の輿だろう?」「いやいや、愛妾では全く夢がないですから! お話になりませんから!」「夢より現実を見なさい」 話の筋が玉の輿なので、身分差を乗り越えてくれなければ話にならないのだが、神官長は断固とした口調で却下する

現実ではなくて、夢を見たいから本の読むのにひどすぎる

「あの、王子様ではなくて、辺境の領主様辺りなら、どうですか? ちょっとは玉の輿が存在しますか? お話レベルなら許して頂けますか?」「ふーむ、領地の大きさにもよるが、多少の身分差があっても何とかなるかもしれないな

周囲の反対は多いだろうが……」 多少の身分差があっても、周囲の反対を乗り越えて、ハッピーエンドなら、お話としては成立する

あなたも好きかも:マクロスδ パチンコ レイナドクロ
妥協点が見つかったことに、わたしはホッと胸を撫で下ろした

「じゃあ、王子様ではなくて、領主の息子にしましょう」「それから、シンデレラも富豪ではなく、中級貴族の娘にしておきなさい

この魔法使いというのは何だ? 一体どうすればこのような妙な呪文で魔術が使えるというのだ? 君に魔術の知識がないにしてもひどすぎる」 シンデレラは、神官長の数々のツッコミにより、中級貴族の娘が後妻に苛められ、魔法使いが出てくるくだりは全て却下され、亡き母に連なる貴族の援助により舞踏会へと赴いて、領主の息子に見染められる話となった

 もうシンデレラではないが、主な読者層になる貴族視点の意見はありがたく頂いておこう

「しかし、この最後に、二人は幸せに暮らしました、とあるが、この二人が幸せに暮らすことはできぬぞ?」「はい?」 結婚を貫いた後は、父である領主に追放されるか、寛大に許された場合でも次期領主の座を追われて、弟の補佐につくことになるだろうと、教えてくれたけれど、そんなところまで書くつもりは全くない