オンラインカジノ 専業

オンラインカジノ 専業

「………なぜこうなった」しかしながら現在、ネアは這いずって足元ににじり寄った黒煙を、踏みつけて動けなくしながら、途方に暮れていた

先程と同じように苦悶の表情で、おまけに涙を流しているが、なぜかご主人様と呟いている

ヒールのあるブーツで容赦なく踏みつけ、体重をかけなければ取り縋られていたかもしれないので、ものすごく怖い

また、目を離した隙に浮気をしてしまったのかな………」更に、絶妙に嫌なタイミングで転移してきた魔物には、全力で責められている

こちらの魔物は、ネアの最終攻撃の直後にふわりと出現し、怪我人とは思えない荒ぶり具合ではないか

あなたも好きかも:スロット リーチ 目 と は
どうか、傷口が塞がるまでは安静にして欲しい

あなたも好きかも:ブラッドサッカー
怪我をしたことに落ち込み、寝ていたのではなかったのだろか

「ディノ、この状況で私の足の下を羨ましいと言うなら、かなり重症の部類になりますよ?」「見たことがないことをしてる……」「これは、決して私に触るなという意思表示による、苦渋の選択ですので、真似をしてはいけません」「それなら………羨ましくないのかな?」「その通りです

語尾の疑問形を取り外しましょうね」「……わかった

それはいらないね?」「ええ

ぽいしたいです」ディノは、ネアの足首に手を伸ばそうとしてる黒煙に目を細め、手も触れずに黒煙の魔物を遠くに転がした後、両手でネアを拘束する

すぐさま持ち上げようとしたので、慌てて押しとどめた