羽田 空港 スロット カー

羽田 空港 スロット カー

あなたも好きかも:スロット やめる
「シュールストレミングや

ニシンの塩漬け

……うー、気持ち悪ぅー……」「シ、シュールストレミングって……輸入されてなかったんじゃなかったの?」 美代子が半べそ気味に目に浮かんでいた涙を拭うと、「……ああ、やだ

匂いが……」 と、生美も目元を拭いながら自分の体の匂いを嗅ぐ

あなたも好きかも:ニフモ 繋がらない
洋一は「いやいや」と、四つん這いから地面にお尻を突いてぐったりと座り直し、嫌そうな顔をした

「……部室、どうなっちゃうわけよコレ?」 引き攣った笑みで恐ろしげに切り出す彼に、みんなも「……ハッ!」と目を見開いた

「……新しくなって、まだ半年経ってないのに……」「……サイアク」「っつーかなんで部員じゃねえオレがこんな目に遭うんだよっ?」「……同感です」「おいっ、誰か消臭剤買ってこいっ」「いや……、消臭剤ごときで倒せる相手ちゃうぞ?」「っていうか、あれ、どうするつもりなんですか……?」 次第に呼吸も落ち着いてきて、みんな戸惑いを露わにするが、「ねぇ手伝ってよー

やるんでしょー?」 と、多美がガスマスクから籠もった声を掛けながら「こっちこっち」と手招きしている

「まだたくさんあるんだからー

あなたも好きかも:ツイン スピン
あと、ドリアンも買ってきたからねー」 「ほら早くー」と呼び続ける彼女を、みんなは恨めしそうに睨んだ

 ――“格闘”し続けたのはほんの数十分

そのあとは、臭覚が麻痺してしまった