週末 パチンコ女子うた 場所

週末 パチンコ女子うた 場所

 食べかけのスイーツに視線を落として俯き、皿に広がるクリームをフォークで撫で動かすだけの彼女に優樹も少々戸惑い、「……生美ちゃん呼ぼうかな」と助っ人依頼を掛けようと思った

――が、そう行動に移す前に、鈴菜から笑みが漏れた

「……私、優樹先輩が羨ましいです」 穏やかに告げられ優樹が「え?」と目を見開くと、鈴菜はゆっくりと顔を上げて微笑んだ

「いろいろと苦労はあっても、幸せそうで

反町先輩のような人に巡り会えて

あなたも好きかも:カジノ 音
……反町先輩なら、もう、先輩の事を泣かせることもないと思うし

きっと、大事にしてもらえると思うから

だから……先輩がすごく羨ましいです

あなたも好きかも:パチスロ 新台 カレンダー
……羨ましくて、ちょっと……妬みたいくらい」 視線を逸らして悲しげな笑みで告げる鈴菜に、優樹は一瞬表情をなくした

 人の恋愛が「羨ましい」と思えるほど、大介との仲はこじれていたのか――

あなたも好きかも:ガルガンティア パチンコ 曲
 ずっと気付かなかったことにショックだった

そして、気の優しかった彼女の口から「妬みたい」なんて言葉が出てきたことも

 どう返事をしたらいいのかわからず、困惑して目を泳がせる優樹の気配に気付いたのか、鈴菜は顔を上げると「ああ」と気を取り直して笑い掛けた

「大丈夫ですよ、ホントに妬んだりしませんから」 「ふふっ」と愉快げに笑われるが、やはり、上手く返せない

笑おうとしても笑えず、落ち着きなく視線を泳がせて俯く優樹に、鈴菜も次第に笑みを消し、同じように俯いた

 ――それからしばらく、無口な時間が続いた

ほんの数十秒だが、とても長く感じた沈黙で、離れた席から聞こえる談笑が耳障りなくらい

「……先輩は、反町先輩の前に好きになった人って、いたんですか?」 不意に問われて顔を上げると、鈴菜の優しい笑みが目に映り、優樹はスッと視線を落としてぎこちない笑顔で首を傾げた

「んー……どうかなぁ」「……翔太先輩、ですか?」「……んー……