爆サイ 愛媛 パチスロ

爆サイ 愛媛 パチスロ

 いや、そういう会話じゃありませんから! フィーナさんも知らんぷりして食事しないで助けて!「「おはようございます!」」 アデルとイリーナが揃って現れた

 元気で宜しい

「おっす!何か食べてく?」「「ゴチになります!」」 ミオの矛先が収められて料理人の顔に戻っていった

あなたも好きかも:パチンコ 寝かせ 違法
 いいタイミングだった

 二人にはミオの屋台で好きなものを買って食べる権利をやろう

 メニューは限られているけどな! まあいい機会だし頼みごとは早めに済ませておこうか

 食事を続けるフィーナさんの目の前に昨日の獲物を並べていく

 大量の邪蟻の針と甲、ゴボウに黒曜石、縞狸の皮といった所だ

「アデル、イリーナ

昨日の獲物を後でいいからここに出しておいて」 口の中に食べ物があるので頷くだけだが意図は伝わっている事だろう

「これはまた大量に持ち込んだわね」「彼女達もいましたから」「あの娘達にアリを集らせるような真似はよしなさい」 おや、釘を刺されちゃいましたか

 大丈夫でしたから

 油断したら危ないのは当然だが、それだけに得るものは大きかった