ゴッド イーター パチンコ

ゴッド イーター パチンコ

迷宮の立ち入りはもちろん、迷宮周辺への立ち入りも禁止となる

 今までは、黙認されていた私たちの住処も当然住めなくなってしまう

ここから出て、迷宮にも入れなければ、私たちはどうやって生きていけばいいのか? 天国から一気に地獄に叩き落とされたように、マイカの心はぐちゃぐちゃになる

あなたも好きかも:リッチ・ワイルド・アンド・ザ・シールド・オブ・アテネ
(とにかく明日の朝、ギルドへ行かないと

カケルさんに頼み込むしかねえ)「マイカねえちゃん……僕たちどうなっちゃうの?」 不安そうにたずねる弟たちに弱気なところは見せられない

「心配すんな、明日ギルドへ行って話付けてくるからな

それに住むところは大丈夫

辺境伯様が、当面の間避難所を用意してくれるらしいぜ!!」 その先の不安はあるが、そんなことは今までと同じ

私がこの子たちを守ってやらないと

あなたも好きかも:パチスロ gantz 天井
*** 翌日のギルドは詳しい説明を求めて朝から混雑していた

あなたも好きかも:カジノ パンクラプト
バドルの冒険者ギルドは、迷宮で稼ぐ者が多いのだから当然だろう

スタンピードという未曽有の危機を前に、皆不安からいらだち、ピリピリした空気がギルドに蔓延していた

 マイカは、普段あまり入ったことが無いギルドにやや緊張気味に入ってゆく

 荒くれ者が多いギルドだけに、絡まれないか不安だったが、そんなこともなく、飲食スペースのテーブルに座る

 実際のところ、冒険者たちは、前日、カケルとリーゼロッテの件があって大人しくしているだけなのだが、マイカは知る由もない

 カケルには、朝食を食べながら待つように言われたマイカだが、こんな状況になった以上、一切無駄遣い出来ない

 ひとりテーブルで小さくなっていると、後ろから声が掛かる