パチスロ 緋 弾 の アリア 解析

パチスロ 緋 弾 の アリア 解析

それだけで、神官長は何事もなかったように冷静な顔に戻ってしまった

「話し合いをしよう

君が望んだとおりに」「こっちの条件を全部呑んでくれるってこと?」 一瞬苦い顔をした神官長が、軽く頭を振った後、わたしの肩に手を置いた

「……そのためには暴れる魔力を抑えるんだ

できるか?」 ゆっくりと深呼吸しながら、わたしは全身に広がってしまった熱を集中して、中心に押し込んでいく

いつもの慣れた作業だが、自分で思っていたよりも身食いの熱が増えているよう気がする

 身食いの熱じゃなくて、魔力だっけ? そんなどうでもいいことを考えながら、ギュッと綺麗に押し込んで、きっちりと蓋を締めた

その途端、身体中の力が抜けて、糸が切れた操り人形のようにガクンと身体が崩れる

あなたも好きかも:桃鉄 パチンコ スペック
「おっと」 倒れ込んだわたしの身体は目の前の神官長が抱き止めてくれて、床に放り出されることはなかった

「マイン!」「大丈夫か!?」 駆け寄ってきた両親に神官長がわたしの身体を抱き上げて差し出した

あなたも好きかも:極上パロディウス パチンコ
 母が軽く膝を曲げて、わたしを受け取り、ギュッと抱きしめてくれた

父が心配そうにぐったりとして身体に力の入らないわたしをおろおろと見下ろしている

「大丈夫だよ

身食いの熱が暴走する時の体温の急上昇と急降下に身体がついてこないだけ

いつものことだし、意識ははっきりしてるから」「いつものことなのか? あれが?」 父の不安そうな言葉にわたしは軽く笑いを漏らした