ブラックジャック ジョニー

ブラックジャック ジョニー

……だろ?」 内心の驚きを隠し、ゼッルへ挑発するように話すライ

あなたも好きかも:スロット バジリスク 絆 高 設定
 ゼッルその意図を読み取ったが、敢えて挑発に乗る

「ッハハ、ああ……そうだな

……じゃあ、お言葉に甘えさせて貰うかあッ!!」 炎と風の魔術を脚に纏い、加速を付けてライへ向かうゼッル

 荒野のような大地は焦げ、抉れながら爆《は》ぜる

 向かってくるゼッルを相手に、ライは構える

「ほう──」「らァ──」「「よっとォ!!」」 ──その瞬間、鼓膜を揺らし、耳を劈《つんざ》く轟音が"イルム・アスリー"に響き渡り、街全体を大きく揺らした

 大爆発でも起きたかのような爆音は音速で"イルム・アスリー"を駆け巡る

あなたも好きかも:パチスロ ドロップ アウト
 他の者たちは戦っている為、その音には気付かないだろう

あなたも好きかも:出雲市 パチンコ ジャンボ
 荒野のようだった大地は更に盛り上がり、大岩のような土が空中へ舞い上がる

「オラァ!!」「ダラァ!!」 その舞い上がった土塊《つちくれ》を足場にし、それを砕きながらライとゼッルは目にも止まらぬ速度で攻防を繰り広げていた

「そらよッ!!」 まずはゼッルが足の爪先から炎を放出し、その威力で回転して蹴りを放つ

「おっと……! ……ほらっ!」 そして、それを腕で防いだライはゼッルの脚を掴み、地面に投げ付ける

「……ッ!」 そんな風に、投げ付けられたゼッルは土塊《つちくれ》を数枚砕いて地面に叩き付けられる

そしてそこから大きな土煙が起こり、「そうらッ!」 それを追撃しようとするライは、土塊《つちくれ》を踏み砕き抜いて加速し、ゼッルが叩き付けられた地面に蹴りを放つ

「ガハッ……!」 腹部に加速したライが突き刺さったゼッルは吐血する

が、腹部に手を回してライの足を掴み、立ち上がると同時にライを投げ飛ばした