手塚眞 ブラックジャック

手塚眞 ブラックジャック

あなたも好きかも:アカギ スロット 動画
やっぱ魔法・魔術の研究をするに連れて他国の飲食物や薬草・霊草が入るからか? 知っているのも幾つかあるが……」 その三種類の食品を見たライは、このような食べ物もあるのだと体感する

 りんご飴はライも食べ、フライドポテトの存在は知っていたが、チョコバナナは知らなかった

 そもそも、決して裕福では無かったライはチョコレートという、ライが居た街では高級品扱いだった物は食べた事が無いのだ

 逆に馬鈴薯《じゃがいも》や林檎《りんご》、甘蕉《バナナ》系の物は安いという訳では無いが普通に売っており、アイスなどの屋台? もたまに来ていた

「それをこんなに安く買える……ねえ……やっぱ街によって金銭感覚が狂いそうになるな……

別の街からしたら馬鈴薯《じゃがいも》や林檎《りんご》に甘蕉《バナナ》が高級品になってそうだし……」 ついでにライもチョコバナナを購入し、モグモグとそれを齧《かじ》りながら言葉を続ける

 物価の値打ちというモノは、当然だが街や国によって大きく異なる

 この街では安い"フライドポテト""林檎《リンゴ》飴""チョコバナナ"だが、食料をまともに補給出来ない街や近くにそういったモノを栽培する場所が無い所では中々の値段になるだろう

あなたも好きかも:関内 伊勢佐木 パチンコ
 このように、その場所によって値打ちの変わる食品に興味が湧いたのだ

「そういや、エマとリヤンは良いのか? リヤンはさっきまでアイス的なのを食べてたが……それだけじゃ足りないだろ? "イルム・アスリー"を出てから何も食べていなかったし」 そして、一通り食べている物を聞いた後、ライはエマとリヤンに尋ねる

 エマとリヤンは洞窟を抜けるまでと、この街に来てから何も食べていなかった事はライも知っている

あなたも好きかも:パチスロ ライター なるには
というかライもそうだった

 エマとリヤンの二人は胃に食料を入れなくても大丈夫なのかが気になったのだ

「フッ……私は問題無い

前にも言ったが、数ヵ月……いや、今は数週間か……取り敢えず数週間は何も食べなくとも大丈夫だ

それにクラーケンからも頂いたし、キュリテからも少し頂いたからな」「……えー? 私と軟体生物《クラーケン》が同位置?」 ふふ、と薄く笑ってキュリテを一瞥しながら話すエマ

 そしてキュリテはクラーケンと同じ扱いをされた事が気に食わないのか、ムスッとしていた

「えーと……私は……別に……」「…………」 そしてリヤンだが、リヤンはライの言葉に口を濁す

恐らく遠慮しているのだろう