スロット アステカ 攻略

スロット アステカ 攻略

「プロット」はどんなシーンなのか情報を書き、誰がどう動いて誰となにを話しているのか、そういう行動や発言のやりとりをすべて書き出したものを指します

「プロット」さえあれば、あとはそれを小説の形に仕立て直して「執筆」していくだけです

あなたも好きかも:宇宙戦艦 ヤマト パチンコ ライトミドル
 この「企画書」「あらすじ」「箱書き」「プロット」さえ経ていれば、必ず破綻のない物語を作り上げることができます

 だからこれが「小説の正しいやり方」なのです

 これで「正しい知識」と「正しいやり方」がわかったと思います

 あとは「小説を書く」ことを「やり続ける」だけです

 地道にへこたれず何度でも、読み手にウケる「正しい知識」が活かせる作品を、「正しいやり方」で書きあげて小説投稿サイトへ投稿していきましょう

あなたも好きかも:パチンコ 有楽 常滑
最後に 今回は「小説は資格ではない」ことについて述べてみました

「小説を書く」勉強をしても、そのやり方が正しいのかどうかを知らなければ、ムダなことをやり続けることになりかねません

あなたも好きかも:スロット 市場
 そして「努力」の仕方がそもそも間違っていたら意味がないのです

「小説を書く」ことは「資格」とは異なり第三者機関の「小説執筆2級」のような明確な基準はありません

 だから書き手は絶えず不安を抱えながら執筆しています

 正しい方向に「努力」しているのかどうかは、他人に小説を読んでもらって感想を聞くことでしか得られません

 ですが、身近にそんな都合の良い人はまずいないと思います

 そこで小説投稿サイトを活用するのです

 とくに開催中の「小説賞・新人賞」に応募してください

「小説賞・新人賞」に応募せず、単に投稿しているだけでは読んでくれる方は限られます

 とくに長編小説のうち何万字を一気に投稿するようなやり方では、読んでくれる人はまずいません

 よほど時間に余裕があって「腰を据えて読める」人だけが読みます