シグマ スロット 各務原

シグマ スロット 各務原

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ アマミヤの塔の管理層に戻ったミアは、昼食の席で空間のことを考助に聞いた

 少しだけ隠される可能性もあるかと思っていたミアだったが、意外にもあっさりと考助から答えが返って来た

「ああ、あの場所は、僕が魔法陣とか魔道具を使って作った場所だよ」「へー、そうだったんですか」 軽く答えが返って来たために、さらりと受け流しそうになったミアだったが、少し遅れて言われたことの重要性に気付いた

あなたも好きかも:fields パチンコ
「えっ!? 作ったって、全く新しい空間をですか?」「そうだけど?」 不思議そうな顔をして自分を見てくる考助に対して、ミアは反論をしようとして、周囲の様子を見てからそれを思いとどまった

 シュレインやピーチは何を今更という顔をしているし、シルヴィアはいつも通りの顔で黙々とご飯を口にしている

 そして何より、フローリアがミアのその様子を見て、一度ため息を吐いてからこう言った

コウスケのやることに一々驚いていては、身が持たないと何度もいっているだろう?」「え? それはひどくない?」 あまりの言いように考助が突っ込んだが、周囲にいた者たちでそれを助けようとする者はいなかった

 それを見た考助が何となくすすけた雰囲気になったが、いつものやり取りなので、特に慰める者もいなかった

 一方、フローリアの助言(?)を聞いたミアは、一度大きく深呼吸をしてから気を落ち着けた

 子供の時は何とはなしに聞いていたことだが、こうも何度も驚かされるとは思ってもいなかった

 それから考助が先ほど言ったことの意味を改めて考える

あなたも好きかも:関西 パチンコ 来店イベント
「魔法陣とか魔道具ということですが、魔力で出来ているのですか?」「いや、違うよ?」 ミアの問いに、すすけた状態からあっさりと立ち直った考助が、すぐに答えを返す

「え? では聖力ですか?」「いや