ブラックジャック コイン

ブラックジャック コイン

“何かあるかもしれない”という事については、いつ敵モンスターが現れるか分からないこの場所では無く、安全な現実世界で考えた方が良さそうだからだ

「うし、早いところ抜け出そう

今のところ何も問題は起こっていないけど、もしかしたら既に何か起こっているかもしれないからな

事実、偶然かどうか分からないけど、このステージに他のプレイヤーが居ないしな」「はい

あなたも好きかも:マイケルジャクソン スロット 打ち方
異変ならば私達が意図せずにこの場に居る事自体が異変ですし、止まっている訳にも行きませんからね」 “戦士の墓場”を先に進む俺と星川

あなたも好きかも:pachinko kyoraku
それなりに手強いモンスターも出てくるが、致命的なダメージは受けていない

それなりに順調な道中を進めていた

『ギャア━━━━ッ!!!』「……!?」「流星さん!」 ──筈だった

【モンスターが現れた】 突如として現れた、ドラゴンの形をした──Lv10000のモンスター!? いや、有り得ない

その形がでは無く、そのレベルがだ

いくら奥に進むに連れてレベルが上がり、今出てくるモンスター達がステージ四桁並みのモンスターだとしても、本来ならばLv3000~5000が関の山の筈

その倍以上のレベルであるモンスターなど、あってはならない

あなたも好きかも:札幌 東 区 パチンコ
『グギャアッ!!』「危ない!」「……!?」 驚愕し、固まっていた俺の前に飛び出る星川

守護魔法を用《もち》いてレベル10000の龍型モンスターが放った攻撃を受け止めるが、レベルに差があり過ぎた

 守護魔法は容易く打ち砕かれ、モンスターの巨腕が星川を打ち抜きステージの壁に吹き飛ばされてダメージを受ける