出水 パチンコ 優良店

出水 パチンコ 優良店

「その壁に一箇所だけ飛び出ているタイルがあるでしょ? そこを押せば檻の効力は消えてなくなるわ」 しばらく五人で考えているところに、シェムルの声が響き渡る

あなたも好きかも:スロット 衰退
シェムルが指差している方向を見てみると、確かに一箇所だけ凸凹しているタイルがある

「どういう風の吹き回しかしら?」「……どうせあなた達はここから逃げ出せない

だったら、教えても教えなくても結果は変わらないでしょ?」 マイの問いに、少し血色がよくなってきているシェムルが顔を背けながら答えた

 ティスティはリンカを抱えながら壁に向かって歩き出し、シェムルが指差した先にあるタイルを押した

すると、檻はゆっくり消えていき、檻から放たれていた異質なものも自然消滅していった

年末連続投稿5日目

あなたも好きかも:潰れ た パチンコ 屋 茨城
いよいよ第三章も終盤です♪( ´▽`)このまま年明けまで突っ走ります!

障子の外が明るい

朝だなと起きようとするとあれ……身体が何かおかしい

上半身を起き上がらせようとしたのだが途中で力尽きて、布団にまた横たわってしまう

「お、おーい……マイカ……」向こうの布団でマリミと仲良く寝ているマイカに声をかけると、いきなり布団から横に抜け出てそのままこちらへと四つ足でシャカシャカと、まるで虫の様に這ってきた

そしてグイッとギラギラした表情の頭だけあげて「……何か……困りごとか……声色……違う……」と俺を見つめてくる

もう殆ど妖怪である

「う、うん……そうだけど、普通に座って貰える?」「……めんご……めんご……身体……使い方……まちがた……」マイカは素早く、正座で布団の横に座りなおす