ベルサイユのばら パチンコ

ベルサイユのばら パチンコ

「ば、バルカン様

その仮面は何でしょうか?」 おっさんの名はバルカンと風音は覚えた

それから、そのおっさんの名ががソルダード王国軍を率いている人物の名と同じであることを風音は思い出す

「ふふふ

ギルドマスターでも分からないのか? これは私がエルバロンに選ばれたという確かな証だ

我が国の守護神が形を変えてこの地に降臨した

それを証明するものなのだよ」(エルバロン? ええと、それって……) 風音が眉をひそめる

 エルバロンはソルダード王国の守護兵装である鎧の名だ

あなたも好きかも:ぱちんこ台 重さ
同時にそれはソルダード王国の神の名であるとも風音は聞いていた

あなたも好きかも:dmm スロット ライター
 な、当然バトロイ工房にはそのようなものはないはずで、その上でバルカンが被っている仮面を見れば、エルバロンと呼ばれているものが何を示しているのを推測することは風音には容易かった

(まさかロクテンくんを……勘違いしてる?) 突飛だとも考えたが、風音にはそれぐらいしか原因が分からない

それに確かにロクテンくんは守護兵装に選ばれてもおかしくない武具であるのだ

(けど、ロクテンくんにはゴーレムメーカーでロックかけてあるし、鎧自体にもスキル『リビングアーマー』がかかってるから私の命令なしじゃあ動かないんだけどなあ) その上にロクテンくんは装備するだけでも精神を蝕む

風音もスキル『精神攻撃完全防御』がなければ気が狂ってしまうような呪いの武具そのものであった

(まあ、だからこそ覇王の仮面だけ外して身に付けてるんだろうけどなぁ