キリン パチンコ

キリン パチンコ

 そうしないといつまで経ってもその連載は終わりませんよ

プロットを創る 小説を書いてみたら、どうしても募集要項よりも短くなってしまう

 それは「あらすじ」「箱書き」から直接「執筆」しているからです

 「箱書き」を創ったら本文をいきなり書くのではなく、いったん「プロット」に落とし込みます

「箱書き」と「執筆」の間に「プロット」を創るのです

あなたも好きかも:サザンアイズ スロット 設定 c 勝率
 やるとやらないとでは、完成度がひと味もふた味も変わってきます

 また「プロット」にはレベルが三つあります

何回も「プロット」を改めて精度を高めていけば、より伝わる表現にできるのです

あなたも好きかも:寒川 スロット スパイダー
プロットはペン入れ 「プロット(Plot)」は通常「あらすじ」を指す英単語なのですが、私は「ペン入れ」を指す単語として使っています

 「執筆」は「ペン入れ」である「プロット」にベタや色を塗ったりスクリーントーンをかけたりハイライトを入れたりするくらいの気持ちで書くものです

 絵やマンガで説明すると、「企画書」は「どんな絵を書こうかな」と検討する「ネーム」の段階

「あらすじ」は鉛筆で構図を書いてみる「ラフ」の段階

あなたも好きかも:パチスロ裏物設置店2018
「箱書き」は「ラフ」から「下書き」を書く段階

そして「プロット」は「下書き」から「主線起こし」から「ペン入れ」をする段階になります

 つまり「プロット」は、「箱書き」で「下書き」が出来あがっているから創れるのです

プロットを書く 「箱書き」を創ったら、「プロット」を書いたのち表現を改めながら本文を「執筆」していきます

 最初の「プロット」はドラマ脚本の「ト書き」のようなものです

これを「ト書き」ドラフトと呼びます