シオサイ スロット 評価

シオサイ スロット 評価

もちろん重力があるのだからそのままでは落下するが、その一瞬の停止さえあれば、その針を別の意図に導くことも可能だ

 両手両足、そして口を使って針を使う、扱う

八本だった針は十本以上にもなり、結局、花楓が旅館の前にまで戻ってくるのに、三本も消費してしまった

あなたも好きかも:パチンコ 差玉 計算
残りはすぐ、元の場所に戻す

 捕獲と誘導、それが糸の目的だ

最優先で捕獲だが、凌ぎきれるのならば、この場所へ案内するための導となる

深呼吸をする代わりに、瞼を閉じて僅かに息を止める

あなたも好きかも:パチンコ必勝ガイド るる
それだけで戦闘の余韻をすべて振り払った花楓は旅館の中に入った

「――おかえりぃや、かえやん」「ただいま戻りました、紫月さん

といっても、私の実家ではありませんし、挨拶は先ほど受け取りました

驚きましたよ、まったく」「凌ぎきったやないの

したっけ、猫目に酒をぎょうさん渡したじゃろ

あなたも好きかも:スロット いそまる 凱旋
しゃーにゃじゃーにゃーや」「むしろ、紫月さんが渡さないからこそ、欲しがるのでは?」「渡したら渡したで飲むがー」「はは、確かに」 出迎えたのは女将、久我山紫月

小柄な女性で、いつものように旅館の和服を着ている

もちろん彼女は久我山の糸術を扱う、久我山茅の母親であることは知っているが、おそらくこの場所から窓を開けて糸を操っていたのだろうと考えると、その精度に関しては両手を上げたくなる

それどころか、こうして正面から対峙しているのに、糸を持っている気配を一切感じないのは、どういうことか

 それだけの実力差がある

未だ、花楓には届かない領域だ

「かえやん、ちょう悪いんじゃが、暇け?」「そうですね――」 これからの用事は特にない