(株)京王 パチンコ

(株)京王 パチンコ

 見透かそうと睨むと、洋一は「……ふふふ」と顎を上げて不敵に笑った

「そりゃあもちろん、目的は学園初、初っ、初! の、クラスアベック入賞だろー! これこそ奇跡的な出会いじゃん! いい男のオレっ、とっ、お人好しだけで知名度があるだけの優樹とっ、同じクラスになったのはきっとのこの日のためだ! 学園の輝かしい歴史の1ページに名を残してこそオレに相応しい!」「行こうか優樹」 所々強調しつつ恍惚の表情で熱演する洋一を放って、反町は顔をしかめる優樹の背中を軽く押し、スタスタと教室を出た

 ――その頃、先に部室に向かっていた一平と大介、生美と華音と加奈は、大介の希望で構内にあるカフェに立ち寄っていた

あなたも好きかも:オンラインゲーム エミュ鯖
「ねえねえ大介君、鈴菜ちゃんとメールとかしてる?」 飲み物を注文し、木陰の下で立ち飲みしながら加奈に問われ、大介はビクッと一瞬肩を震わせた

 ――鈴菜が日本を発って十数日

旅立ってすぐに到着の報告と、生活をする寮、そして新しい学校の報告はあったが、それ以外の連絡はない

こちらから「どう?」と問い掛けのメールをすれば返事はあるのだが

あなたも好きかも:10月10日 イベント 東京 パチンコ
 大介は、ファストフードを食しながら無愛想に鼻から深く息を吐いた

「なんでせなあかんねん、そんなモン」「してないのぉ?」 華音にも怪訝に問われ、じっとりと目を据わらせる大介に代わって一平は苦笑した

「フラれてンから出来るわけないやン

あなたも好きかも:パチンコ 倖田來未 6
メールしても返事けぇへんのんちゃーう?」「そうよねぇ……、捨てられたんだもんねぇあんた」 生美が飲みきった紙カップを手に哀れみを向けると、大介は更にじっとりと目を細め、ガツガツッと大口を開けておやつを食べ尽くしていく

 自棄食いにも似た様子に吹き出し笑った加奈は、みんなの手からゴミを受け取りダストボックスへ入れて戻ってくると肩から提げる鞄を抱え直した

「依頼、ものすごく届いてたよ

見た?」「見たわ

……とんでもない量だったわね」 学園祭も近いため、いつもの倍以上は依頼が届いている

 「受け付けたくはない」と言わんばかりに生美が目を細めると、加奈は真顔で肩をすくめた