カジノ 利益 税金

カジノ 利益 税金

わたしはやすを探すからーぷっぷー」って言い捨てて二度と来なかったよ」 とは達良コピーの言葉である

巨乳を揺らしながら去っていったそうだ

「胸……とか、そういうのばかり見てるのね」 その弓花のつぶやきに達良が「あははは」と汗をかきながら乾いた笑いで返した

視線が冷たい

「まあ、こっちでも変わってなさそうだってのはある意味ではちょっと安心した」「案外アストラル系統とかになってまだ生きてるかもしれないしね」 風音の言葉にゆっこ姉がそう返す

風音も「だねえ」とは言うが、軽口の類である

そこまでして生き続けるのが幸せなのかどうかは今の風音達には分からないことだ

 そして、話もある程度ケリが付くとその場は解散となり、風音は城を出てマジリア魔具工房へと足を運んだのだった

あなたも好きかも:パチンコ ドツキゴト
◎マジリア魔具工房 来客室「おお、カザネ様

あなたも好きかも:パチンコ ボンボン 帯広
よくぞいらした」「うぃ」『お久しぶりです』「にゃー」 ここはマジリア魔具工房の来客室

工房長であるアガトの出迎えに風音は手を挙げて、挨拶をする

今回、風音と共に来たのはタツオとユッコネエであった

あなたも好きかも:平日 サラリーマン パチンコ
 そして、この場に来た理由は前回の『竜喰らいし鬼軍の鎧』の加工に立ち寄ったときに依頼していたアイテムの引き取りである

「アガトさん、マイティーの様子はどお?」 風音はアガトにまずはそのことを尋ねる

マイティーとは風音が作成したゴーレム馬『ヒポ丸くん2号』のことである

フライの魔術を付与していて空を飛ぶ性能を持っている

制作主の一人としては不具合がないかが気になるところだった