鶴舞 パチンコ 名古屋

鶴舞 パチンコ 名古屋

  我が故郷のように焼いて、落として、砕いて、滅ぼしてやる

あなたも好きかも:パチスロ ハルヒ 朝一
「――魔法(・・)《王■落土(ロスト・ヴィ・アイシア)》ァアアア!!」 この何もかもを終わらせる魔法で――!

「――魔法(・・)《王■落土(ロスト・ヴィ・アイシア)》ァアアア!!」「それがおまえの全てを賭けた魔法か! だが遅い! そんな未完成で隙だらけの切り札が、通ると思うな――!!」 当然(・・)、その予備動作の大きすぎる魔法は、自分の両腕ごと斬られる

 自分の愚かな人生など始祖には通用しない――そんなことはわかっているから、宙に舞う自分の両腕を見送ることさえせず、自分は前へ突き進む

「――なっ!?」 腕を失いながらも前に駆け続ける自分を見て、始祖渦波は驚き、今日最大の隙を作った

あなたも好きかも:オンラインゲーム 覇権
 自分は防がれると予期していたから、迷いなく動ける

 自分ほど信じられないものはないのだから、当然だ(・・・)

 自分の全て――『木の理を盗むもの』の力、千年前から掘り起こしたヴィアイシア城、『光の理を盗むもの』の呪木、今日まで育ててきた草木たちによる罠の数々、鍛錬し続けた肉体と体術、限界を超えた闘争心、自らの人生を賭けた真の魔法――全てが、囮! 破られるのはわかっていた

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 遥か彼方
 ゆえに切り札の術式は、自分じゃなくて外部の木々に刻み込んでいる

 『世界奉還陣』にも負けぬ大魔方陣が、ヴィシアイア城全てを使って書き込まれてある

 城で蠢く植物たちそのものが文字となって、『対始祖封印魔方陣』となっている

ああ、千年も前から、この瞬間の為に用意していたものだ――!「ええ、自分は始祖渦波に勝てませんでしょうね! だとしても、この魔法だけは放ってみせる! 叶えてみせる! 自分にはこの魔法を放つ義務がある! あなたにはこの魔法を受ける義務がある!! 受けろっ、我が北の民たち全ての怒りをぉおぉおおおお――!!」 地面に奔らせていた魔力が、翠色に発光する