ギガオルトロス スロット

ギガオルトロス スロット

「確かに

あなたも好きかも:ff6 スロット チート
それでは、今回の詳しい話はその時にでもしましょう」 レネーが言っているのは、旅の間に起こったことを振り返りながら話しましょうという意味だ

 特に深い意図はない

「分かりました」 考助もそれがわかったので、軽く頷いて返事をするのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ クレール達と同じように依頼終了の手続きをした後は、今夜泊まるための宿を探して回った

 今回はサウリの街の時と同じように、多少割高の宿に泊まることにした

 そもそもの目的はコウヒとミツキの慰安旅行なのだ

あなたも好きかも:スロット 亜人 フラッド現象
 多少贅沢をしても許されるだろう

 もっとも、考助は魔道具の開発だけでも一国の予算に匹敵する稼ぎがあるので、この程度の宿に泊まり続けても特に問題がない

あなたも好きかも:パチンコ お金 交換
 誰も反対しないどころか、シュミットあたりに知られれば、なぜそんな安い宿に泊まっているのかと突っ込まれるかもしれない

 従業員に案内されて宿泊する部屋に入った考助達は、ある物を見つけて驚きの声を上げた

「おっ!?」「あらあら」 声を上げたのは考助とミツキだったが、コウヒも驚いて部屋の天井を見上げていた

お目が高いですね

あれが何かご存知なのですか」 考助達の視線に気づいて、従業員が多少誇らしげな表情になった

 彼らの視線の先には、魔道具である部屋の照明が飾られていたのだ

 いくら高めの設定になっている部屋とはいえ、まだまだ国外への輸出は少ないはずだ

 タウゼン王国は、直接ラゼクアマミヤとの取引があるとはいえ、このような宿にまで届いているとは思っていなかった