まぶや パチンコ

まぶや パチンコ

遠目からでは騎士の姿がなかなか決まっていて青年のように見えていたが、確かに顔立ちはよく整っていて、よくよくみれば女性以外の何者でもなかった

「それじゃあサキューレ

ちょっとこっちの風音と遊んでほしいのだけれども」 挨拶を終えた風音たちにいきなりゆっこ姉がおかしな事を言い出した

「は、構いませんが、彼女とですか?」 サキューレは風音を見る

冒険者であることはさきほどの自己紹介で知っているが、サキューレと王子は風音たちの能力と実績は知らない

サキューレも王子と同じぐらいの少女を相手に遊べと言われてもその意味は測りかねた

「風音、あなたちょっとこれを使って闘ってくれる?」 そう言ってゆっこ姉はアイテムボックスから剣を取り出し、風音に渡した

「む、いいの?」 それを受け取った風音が遠慮がちに尋ねる

「まあ、使えると分かるぐらいに全力で」 ゆっこ姉はそうオーダーする

あなたも好きかも:スロット 設定 変更 方法
「女王陛下

あなたも好きかも:最新 スロット 万枚
それは!?」 その様子を見てサキューレが慌てる

なぜならば風音が受け取った剣とはホワイトディバイダー、即ち国の宝剣である『白剣』だったからだ

「まあ、今の風音なら戦士の記憶も使いこなせるでしょ」「多分ね」 風音が剣を握るとブゥンと音が鳴った

あなたも好きかも:パチンコ 沖7 black
「発動した?」 王子とティアラ、サキューレが驚く

ゼクシアハーツで装備していたゆっこ姉が扱えるのならばそのゆっこ姉に『白剣を譲渡した』風音にも当然使えるだろうと予測していたゆっこ姉と弓花に驚きはない

 ガコンと剣が半分に割れる

そしてその隙間に魔力が走る

「よし、動いた」 風音はそう言って剣を振る

白い軌跡が走る