ぱちんこ 始まり

ぱちんこ 始まり

「はははっ!凄い反応だね

いや、これは反応を超えているというのかな?まるで危険を事前に察知しているかのようだ」「くっそ、お姫様の護衛ならもっと綺麗な戦い方をしろっての」 奴の剣技は何度か見たセレンデの兵士達のものに似ている

だがそれを洗練させるわけじゃなく、てめぇの感性に合うように弄ってやがる

つまるところ、習った剣技を型破りながらもてめぇのものにしてるってわけだ

あなたも好きかも:アスラズラース スロット 評価
こういう手合は対応力が段違いで厄介だ

「それは君が言える台詞じゃないだろう」「そりゃごもっともで……ってマセッタ!もうちょい援護できねぇのか!?」 戦闘が始まってから数度の衝突、最初は俺の攻撃の合間に牽制の魔法を打ち込んでいたマセッタの様子がおかしい

立ち位置的にも魔法を打ち込むことはできるはずだってのに、しっかりしてくれよ!?「打てないのよ!急に魔法の構築が分解されて……!どこかに魔封石が仕込まれてると思うんだけど……!」「まじか、どれどれ――ッ!?」 探知魔法を使おうとした瞬間、その構築が分解された

確かにこれは魔封石の効果で間違いねぇ

あなたも好きかも:パチスロ カイジ3 解析
「セレンデ本国の近くに保管していた戦争用の魔封石だよ

アンデッド達に運ばせておいたそうだけど、どうやら届いたようだね」「自国領で魔法を使えなくするとか、正気なの!?」「正気かどうかはわからないなぁ

わかるのはこれでユグラ教お得意の浄化魔法は使えない

あなたも好きかも:パチスロ リセット
隣国であるメジスに助けを求め、それにメジスが応えたとしてもそう簡単にこの事態は収束できなくなったということだね」 ぶっ飛んでやがるな、そのヒルメラって王女は

どうやって後片付けするつもりなんだか……綺麗好きな俺としちゃあ、仲良くなれそうにはねぇな

 ただこれでマセッタの助けは得られなくなったと考えていい

ユグラ教の聖職者達はどっしりと構えて魔法で盤面を制圧するのを得意とするが、その反面魔力強化を使っての近接戦とかはほとんどからっきしだ

それを補うための強固な結界も使えないんじゃぁ、こいつの相手を手伝わせるのは酷な話にしかならねぇ