ブラックジャック 文庫本

ブラックジャック 文庫本

それでそのうちの二人が此処に居る

結果、残りの敵の数は五人になる訳だ

あなたも好きかも:パチンコ 怪物くん
単純に考えても、残った敵の五人は残り三つの場所を襲っている筈だろう? 東西南北に……おそらく中央

いや、中心街

此処が南側なら残り四つの地域は一、一、一、二くらいの人数で分別されて襲撃されている筈だ」「「……!?」」「確かに……」 エマの言う事は最もだった

あなたも好きかも:銀河鉄道999 スロット アプリ
 敵の数からして、此処に居る存在は少な過ぎる

残ったのが五人ならエマの言うような配分で街を襲撃していると考えるのが妥当だろう

あなたも好きかも:政宗 スロット 初代 打ち方
 デュシスとヴォーリアは慌てた様子でエマの言葉に返しもせず、自分の収める地域に向かう

そんな二人の様子を見たノティアが一言

「私が言うのも何だけど、あの行動を街全体に向けてくれればもうちょっと好きになれるんだけどな……」 街を収める身として、自分の居る場所以外に干渉しないのは普通

この街に限っては

 しかし自分の生まれ育った街である以上、やはり嫌いにはなれないのが当然だ

愛着も当然ある

だからこそノティアも自分を含めて街全体に感心を向けて欲しいと考えているらしい

 心の中で思っていても行動に移せないのは己の弱さ

相手との接し方や自分と相手の性格など様々な理由があるだろう

肩を落としてロキに、というよりレイたちに向き直った

「貴女達! 不本意で勝手だけどデュシス達に協力してあげて! 本人は嫌がっているけど、多分デュシスとヴォーリアだけじゃ勝てないから! 我が儘だけど出来たら他の場所も……