マカオ カジノ 経済効果

マカオ カジノ 経済効果

それに、わたしも今まで知らなかったけど、市民権を手放してまで旅商人になるのは止めた方がいいと思う」「……そうだな」 オットーの話を聞いて、やはり、考えることはあったのだろう

外からやって来た人たちの土産話を聞くのと、現実の生活を聞くのでは全く違ったはずだ

「オットーさんはこの街の商人さんとも繋がりがあるって、父さんから聞いたから、ルッツにやる気があるなら紹介してもらえないかなって、相談しただけ

あなたも好きかも:まどマギ まとめ スロット
断るのはルッツの自由だよ?」「……そっか

色々考えてくれたんだな」 ハァ、と息を吐いたルッツが顔を上げて、ベンノを見上げた

 わたしも顔を上げて、ベンノを見つめる

商人見習いになりたいなら、乗り越えなければならない相手はオットーではなく、ベンノだ

あなたも好きかも:スロット 涼宮ハルヒの憂鬱 打ち方
「で、俺が紹介されたわけだけど……お前、商人になりたいのか?」「はい」 ルッツが頷くと、ベンノがすぅっと赤褐色の目を細めた

 オットーの嫁自慢を聞いていた時のような緩い雰囲気はもう微塵もない

屈服させる相手を見つけた肉食獣のような酷薄な目でルッツを見下ろす

「ふぅん

それで、何が売れる? 商人になって何を売りたいんだ?」「え?」 就職の面接に志望動機を聞くのは当たり前だが、ルッツが昨日考えてきたのは旅商人の志望理由だ

いきなり商人見習いの志望動機をひねり出せと言われても、そう簡単にできるものではない

「商人になって何がしたいか、やれるかを聞いてるんだよ」「それは……」 ひぃぃ! 洗礼前の子供相手に圧迫面接ですよ! そんな意地悪しないで、と言いたいが、商人にとっては見習いが一人増えるということは、出費が大きく増えるということだ

オットーの助手の友人という繋がりならば、損を覚悟で抱え込まなければならないような義理もない

 よほどの根性とか、やる気とか、売れそうな商品の情報とか、ベンノにとって利になるものがなければ、即刻切られても文句は言えない

むしろ、会ってもらえただけでも感謝しなければならない立場なのだ

「ないなら、話は終わりだ」 ベンノの言葉にルッツがわずかに俯いて唇を噛んだのがわかった

 今から言う言葉が助け船になるのか、しなくていい苦労への一歩になるのか、わたしにはわからない