メモリ 増設 スロット 確認

メモリ 増設 スロット 確認

「神殿長が不快であることは理解していますが、この神殿の魔力不足は深刻です

それはマインを神殿に入れようとした神殿長が一番よくご存じのはず

この街にまた貴族が増えるまでの辛抱です」「神官長、この儂に我慢せよと言うのか? 儂は……」 いつもの長い長い家柄自慢が入る前に、私は神殿の現状を並べて立てる

あなたも好きかも:政治家 パチンコ
「あの子供がいなかったら、奉納の儀式は確実に困ります

それに、秋も……

また、騎士団から要請が出たらどうしますか? 魔力がないので、できませんと言うのですか? それとも、貴族が増えるまでの間、ずっと余所の神殿に助力を請いますか?」 実家の位が高く、それと比例するように自尊心が高い神殿長が他人に頭を下げるなど、絶対にできるはずがないことはわかっている

 私の言葉通り、余所の神殿に頭を下げて助力を請う自分を想像でもしたのだろう、神殿長が額まで真っ赤に染めて悔しがった

「くっ、魔力不足でなければ、あんな無礼な子供、すぐにでも処刑してやるのに……」「正面から挑発するのは危険ですよ

あなたも好きかも:パチスロ チャムチャム
あの魔力をまた正面から受けたら、神殿長の心臓が持たないかもしれないのですから」 高圧的な態度をとったことが原因で、マインに卒倒するまで魔力で威圧されたことを忘れたのだろうか

これだから、年寄りは困る

 ギリギリと奥歯を噛みしめている神殿長を軽く牽制だけして、私はマインとその両親との話し合いで決まったことを報告する

「事前に話していた通り、マインには特別に青の衣を準備することになりました

魔術具の手入れと、本人が熱望する図書室の仕事を勤めとするというのも、事前に話し合っていた通りです」 事前に話し合っていたところを何度も強調しておく

年のせいか、神殿長は最近自分で発言した内容を都合よく忘れることが多い

案の定、忘れていたのか、反論したくてもできないような不本意極まりない顔で唸りながら私を睨んでくる

「うぐぐぐ……」「あぁ、それから、マインは孤児ではないので、家から通うことになりました

実際、家がある貴族も通いが多いので、これは特に問題ないと判断して、許可しています」「何だと!?」 私の言葉に神殿長が目を剥いて、噛みついてくる

これもまた予想通りだ

「……青の衣を与えられているのだから、と言われて貴族区域に部屋を持たせることになるよりは、通いの方が良いかと思ったのですが?」「フン! まぁ、そうだな」 貴族区域に部屋を与えることになるよりは、通いの方が神殿長にとっては納得しやすいようで、嫌な笑みを浮かべながら頷いた