パチンコ ゴト師

パチンコ ゴト師

 そういえば、昨日もほとんど部屋に閉じこもっていたな

あなたも好きかも:まどかマギカ パチンコ 甘デジ ボーダー
 サムソンもそうだし、個室が充実すると、皆が広間に集まる時間が減るようだ

 秘密兵器のことをノアから聞いた夜に、少しだけ聞いてみると、魔導具を作っていると教えてくれた

あなたも好きかも:パチンコ マクロス f
「ずっと、自分は何ができるんだろうと試行錯誤してたっスけど

物を作るのが好きみたいで、楽しいんスよ

こんな、手を動かして、作っていく、工作みたいなのが」 そう語る彼は楽しそうだった

 好きなことができるのはいいことだ

帰りは平和だし、みんなが好きにすればいい

 それから数日後、御者台に座り、茶釜に乗るミズキとノアを眺めつつ進んでいるときの事だ

「ノアちゃんとミズキ姉さん、あっ先輩も、ちょっと来て欲しいっスよ」 小屋の窓から身を乗り出したプレインから声がかかった

あなたも好きかも:日本 カジノ スクール
 広間へといくと、テーブルは片付いていて、A4サイズで辞書くらいの厚みがある箱が置いてあった

それは中央にチューリップが描いてあり、その周りには色違いのビー玉に似た宝石があつらえてある木箱だった

「できたっス」「秘密兵器ができたの?」「そうっス

秘密兵器」 ノアの質問に、プレインが笑顔で答える

 彼が箱を手に持って、ノアに向かって少しだけ傾けると、小さく音が鳴っていることに気がついた