パチスロ 規制緩和 2018

パチスロ 規制緩和 2018

 考助とコウヒに続いて入って来たシルヴィア、フローリア、ミツキの三人も、同じように足を止めていた

 その森は、先ほどまで見ることが出来ていたものと違って、明らかに本当の姿を見せていた

 木々には詳しくない考助にも、周りに立っているそれらが、遥か昔から存在してることだけはわかる

「森に入った者を、視覚的に惑わす結界、だね」 美しい森を見ながら言葉を失っている皆を代弁するように、考助がそう言葉を発した

あなたも好きかも:ラッシュ パチンコ
 自分の言葉を聞いても辺りを見回しているシルヴィアとフローリアに、考助は苦笑することしかできなかった

 その気持ちも良くわかるだけに、考助も咎めることはしなかった

あなたも好きかも:香芝市 パチンコ バイト
 これほどの森を見たのは、世界樹が中心にある古い森だけだった

あなたも好きかも:パチンコ ジェットスピナー
 そのエルフの森と違って、こちらは人(エルフ)の手が入っていないだろうと思われるだけに、より自然な感じを受けることが出来ていた

 勿論、それが真実であるかどうかは、想像することしかできないのであるが

 とにかく、いつまでも同じ場所に居続けても仕方ない

 何よりも、これほどの結界を敷ける存在が、ずっと侵入者を放置しておくとは思えない

 今後どういう対応をしてくるのかは分からないが、少なくとも入り口で立ち止まっていても良いわけではないだろう

 そう考えた考助は、シルヴィアとフローリアを促して、先に進み始めた

  森の中を進むこと数十分

 考助たちは相変わらず美しい森に魅了されていた