プラザ仲町台 パチンコ

プラザ仲町台 パチンコ

 他の仲間と別れてリクとカーリ、そしてダーリヤは、冒険者ギルドに併設されている酒場に顔を見せていた

 女性ふたりを連れているリクに嫉妬の視線が向けられるが、リクは慣れた様子でそれらの視線を受け流しながら対象の相手へと近付いて行った

「ちょっと聞きたいが、お前さんがギルかい?」「・・・・・・いきなりなんだい?」 リクの問いかけに、ギルはわずかに警戒の色を見せながら、肯定も否定もせずに三人を順番に見た

 少なくともギルが覚えている限りでは、初めて会う相手なので、警戒するのは冒険者として当然の対応だった

 最初から突き放すような対応をしてこなかったギルに、内心では好意的な感情を持ったリクは、店員を呼んでエールを注文した

 勿論、その中にはギルの分も含んでいる

あなたも好きかも:スロット ラストエグザイル
「お楽しみのところ済まないな

是非ともあんたの話を聞かせてもらいたくてね

とりあえずいっぱいおごらせてくれないか?」 冒険者にとっては、初対面の間柄で酒をおごるということは、情報をきかせてほしいということと同じことである

 一応、冒険者流の挨拶を済ませたリクに、ギルはフンと鼻を鳴らした

「確かに俺はギルだが、一体俺に何を聞きたい? 冒険者としての腕は、お前さんのほうが上だろう?」 このギルの台詞で、周囲にいた一部の冒険者たちは、驚きの顔になっていた

あなたも好きかも:新丸子 西館 スロット
 それもそのはずで、ギルはこの町においては、第一人者といえるほどの強者なのだ

あなたも好きかも:パチンコ 三万発
 そのギルがはっきりと自分より上と言ったのだから、驚くのも当然だろう

 そんな周囲の状況に気付いていながらリクは、特に気にした様子もなく話を続けた

「俺の腕はともかく、どうしてもあんたの話が聞きたくてね

・・・・・・森の異変について話を上に持って行ったのは、あんただろう?」 付け足されたリクの台詞を聞いたギルは、はっきりと顔色を変えた

 それまでは、話半分に聞くような体勢だったのが、スッと目を細めて見極めるような視線をリクに向けて来た

 その表情は、これまでとは違い、明らかに歴戦の冒険者のものになっていた