パチンコ 映像データ

パチンコ 映像データ

たぶん情報量が一気に増えるタイミングがあるはずだからそれを見極めてみろ」「そんなのあるんですか?」「ある

行動と行動の隙間っていえばいいかな?次はどうするとかどういう行動をとるか判断する隙間がたぶん一番予知の情報量が増える

そこを見極めてその瞬間だけ予知の発動をやめられるようにすればたぶん情報量は格段に減らせる」頭が痛いのも多分なくなるぞと軽く言いながら、晴は不思議そうな顔をしながら康太のほうをまじまじと見ていた

あなたも好きかも:スロット 情報収集
「どうした?」「いえ・・・その・・・先輩は予知魔術は使えないんですよね?」「使えないぞ?」「なのに・・・なんでそんなことがわかるんですか?」なぜそのようなことがわかるのか

と言われても康太としてはこれはあくまで仮設の段階だ

まだ確定というわけではないため晴に試させているに過ぎない

だが晴は康太が予知の原理を正しく解析し、使用者である自分に教えようとしている、まるで予知の第一人者の様に見えてしまっていた

あなたも好きかも:アイコン パチンコ
しかも、実際に文と明の組手の様子を観察していて康太の推察は当たっていたのだ

要所要所とでもいえばいいか、予知の情報量が急激に増す瞬間が確かにある

互いの攻撃の発生の瞬間、あるいは攻撃が終わった後の反撃の瞬間、それぞれの攻撃と防御を行う少し前に膨大な量の情報が晴の頭の中に送られてくる

「うっわ・・・これきっつ・・・!」「今は二人を同時に見てるからきついけど、自分が相手にしている人間だけだったら処理は半分で済むな

逆に言えばこの見稽古で完全にスイッチのオンオフができるようになれば自分が戦う時はさらに楽に予知が使えるようになると思うぞ?」「・・・先輩も予知覚えたらこういうことしますか?」「するな・・・と言いたいところだけどその仮定は無意味だな

あなたも好きかも:コードギア スロット
間違いなく土御門・・・っていうか京都の人間は予知魔術を外部に教えたりしないだろ

それに場合によっては使ったら逆に不利になる可能性があるしな」土御門の人間に限らず、京都の人間は多く予知魔術を使えるがその魔術を外部に教えるということはまずないだろう

何せ多くの魔術師が存在している中で予知魔術というのかなり貴重なものなのだ

未来の情報をほぼ何のデメリットもなしに得ることができる

これはかなり重要な魔術だ

これがあるからこそ四法都連盟は協会の中でもかなり高いレベルでの警戒をされるだけの組織となっている

今は組織間での争いがないために友好な関係を築けているが、もし何かがあったら面倒な事態に発展するのは目に見えている